合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリットとしては、まずまとまった時間が必要になる事です。合宿免許で免許を所得したいものの、まとまった時間を作れなくて断念したという方もいるでしょう。さらに、道路事情が異なる事もあります。合宿免許の教習所は地方の場合が多く、都会で運転した時に戸惑ってしまう事も往々にしてあります。その為、都会で運転するのなら、まずは運転慣れしている同乗者と一緒と考えるのが良いでしょう。

また、追加教習となると、宿代がかかってしまうのがデメリットにあたります。追加教習代はプランに含まれているとしても、宿代は別な場合があります。最悪のケースを考えて、追加教習時の宿代についても考慮しないといけません。

そして、自由時間はあまり設けられていない事実を頭に入れるべきです。平日は教習三昧で、土日は休みとなっているものの、最終学科に向けての勉強をしないといけません。平日に出かけるのは非常に難しいのが事実で、平日なら合宿免許後に観光するようにした方が良いでしょう。合宿免許にはこのようにメリットもあれば、様々なデメリットもあるのが事実です。両方を理解した上での選択をする事が、後に後悔する事が少なくなる理由になります。

合宿免許のメリット

合宿免許では、入校から卒業までのカリキュラムが効率良くスケジュール化されているからこそ、スムーズに教習を受けられるのが大きなポイントになります。低料金かつ短期間で免許を所得したいと考える方にピッタリです。基本となる料金の詳細として、教習料金、交通費、宿泊費、食事代、延長保証料金で構成されます。それぞれのドライビングスクールでは、様々なプライが用意されている為、まずは求めているプランがあるかどうかのチェックをすべきです。

旅行気分を味わいながら楽しく免許を所得できるのも合宿免許の醍醐味であって、思い出作りや新しい友達が作れるのも大きいです。合宿免許で免許を所得するとなると、2週間程度の休みは必要になる為、長期休みのある学生向けです。学生の方は特に合宿免許で免許を所得する事を意識した方が良いでしょう。

合宿免許は最短2週間程度で卒業が可能で、そして適性試験や学科試験を受けて免許証を所得する事になります。一連の流れとしては、まずは入校に伴う適性検査を受けて次に第一段階である場内での教習を行います。そして仮免学科が終わると、次は第二段階となる路上での教習となります。最後に卒業検定を受けて学校が卒業となります。

外部リンク《教習料金・交通費などがすべて込みの合宿免許プランを提案している合宿免許ハンター》

ドライビングスクールの特徴

ドライビングスクールに通って免許を所得する事を考える方の中には、当然合宿免許でという方もいるでしょう。入校から卒業までのカリキュラムが効率良くスケジュール化された教習を受けられるのが合宿免許の大きな特徴であって、幅広いプランが存在しています。そして短期間で免許を所得できるのも大きなポイントになるのは間違いありません。夏休みや冬休みなどの長期休みを利用し、合宿免許で免許を所得する学生の方は非常に多いです。

しかし、合宿免許にはメリットもあれば、デメリットもある事を覚えておかないといけません。メリットデメリットの両方を理解した上での選択をすべきです。そして合宿免許を行っているドライビングスクールはどういった流れであるのかを知る事も大切になってきます。当然一概に合宿免許で免許を所得するのが一番とは言えません。人それぞれ異なる都合があるからこそ、それぞれに適した方法を選択しないといけません。また、それぞれのドライビングスクールによって、詳細は変わってきます。どういったプランがあるのか、そして求めているプランがあるのかをチェックした上での選択が重要になります。

当サイトでは合宿免許を行っているドライビングスクールに関しての解説をします。これから普通自動車免許や普通二輪免許などの免許を所得したいと考える方は、合宿免許を行っているドライビングスクールに関しての詳細を考慮しての選択をしてみてはいかがでしょうか。