合宿免許のデメリット


合宿免許のデメリットとしては、まずまとまった時間が必要になる事です。合宿免許で免許を所得したいものの、まとまった時間を作れなくて断念したという方もいるでしょう。さらに、道路事情が異なる事もあります。合宿免許の教習所は地方の場合が多く、都会で運転した時に戸惑ってしまう事も往々にしてあります。その為、都会で運転するのなら、まずは運転慣れしている同乗者と一緒と考えるのが良いでしょう。

また、追加教習となると、宿代がかかってしまう場合もあるのがデメリットにあたります。追加教習代はプランに含まれているとしても、宿代は別な場合があります。最悪のケースを考えて、追加教習時の宿代についても考慮しないといけません。

そして、自由時間が多いわけでもないことも頭に入れるべきです。平日は教習三昧で、土日は休みとなっているものの、最終学科に向けての勉強をしないといけません。平日に出かけるのは非常に難しいのが事実で、平日なら合宿免許後に観光するようにした方が良いでしょう。合宿免許にはこのようにメリットもあれば、様々なデメリットもあるのが事実です。両方を理解した上での選択をする事が、後に後悔する事が少なくなる理由になります。